2010年12月17日金曜日

Mac専用だったルーチンを修正

Win32のレジストリを検索出来るコマンドが有ったので、なんとか一個は発見出来るようになった。これでWin32の自動化は出来る。Win7で動くかどうかは、誰か調べて見てもらうっきゃないな。
Arduinoは結構礼儀正しくて、足跡をあんまり残さないから、色々な物探すのが大変だったが、いくつか足跡を見つける手段を発見したので若干良くなると思う。
乱暴にスパゲッティ化してた、ルーチンの修理とか、他のOSへの応用とか、割とつまんない処を書いてる。
あんまり一生懸命詰めなくても・・マシンが速くなってるから、あんまり影響無いのだが、書いた本人が気持ち悪いのだわ。
一番気持ち悪いのが、Arduinoのtmpデーターの階層を求めてる辺りで、そこ綺麗にして、他のOSに対応させないと、まるで違うコードを記載しなきゃいけなくなる部分が増えてしまうから、どこに基準を取るかなんだと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿