2010年12月26日日曜日

とりあえず計画性無いので、パターンカット開始

考えててもしょうがないので始めた。
まず、絶対要らないもんから切断し始めた。有ってはまずい物だ。
これは表面

考えてもしょうがないので本来のUGNDはばっさり。
VCCもばっさり
LEDのラインをX3.3に移動し、X3に繋がってる根本切断
これは裏面3.3V線はmega8u2のResetに来てるので途中で切って、3.3vに接続。



ここまでやってUSB−Bコネクタの設置を検討
構想は構想で、実行可能かどうか問題は有ったんですね。
サイズ的には付く

爪が邪魔なので、片側だけ切る。
このコネクタ結構テンションかかるので、全部切るのは反対、下の四ピンだけじゃこころもとない。

切れました、ニッパで切れるがなるべくバリを残さないように・・
自分の乱暴さが良く出てる。

位置検証のために4x4基板を治具に使う。
後端は、4x4基板の後ろとほぼ一致
横は1ミリ弱位広い。
真面目な人は普通計測するってば・・

治具を乗せて見る。
実際、私の傍らには、ミツヨトの立派なデジタルノギスが有るのだが・・

セロテープで止める。

ピンバイス探したのだが無かったので・・
やっぱリューターで・・どーんと穴開けする。
ほぼ一瞬で穴が開く
乱暴な私はあて板もしてないから、ゴムにも若干穴が開く
このドリルは0.8ミリ

開きました。。何処にも接点が無いね。表

裏やっぱ接触してない。
そうゆう計画だからいいんです。


刺して見る、すこしほくそ笑む。

裏打ちに4x4基板を一枚使います。
これで固定すれば片面のユニバーサルみたいなもんですね。

コネクタ直後にある白線が、シールド限界点でした。

厚みがこんだけ増加するので、なんか足は付ける算段はしましょう。
ここにUSBの5V出ちゃいますから、ショートするとPCの方がヤバイです。

なんとなくなっとく。



えーこの前ので、ATmega8u2基板は出来上がってるので、このUSB-BからUEWで配線すれば動いちゃいます。
と言う事は後は本当に配線だけですね。ここからUVCC/UGND/D-/D+に持って行けばいいだけなんですね。
ソケットに出るこれらの端子は、D+とUGNDだけなので後は、UEWで引っ張ります。ソケットに出てるとこには、適当なとこからジャンパを引きます。
最後の写真で、そのジャンパや、UEWの接続先が結構近いのが解ります。

GNDは、UGNDも何も無く一個のグランドなので、コネクタのまっすぐ先に立派なホールが待ってます。UVCCはそこにつないじゃいたいが(USB専用ならそれでもいい)個人的に、外部電源対応する事にしたので(作例で乗せないかも知れないが)まっすぐ先のホールにつなじやだめですが・・
USB電源専用に作るのはとっても簡単です。コネクタの両側に有るランドに引っ張ればいいだけですから・・

Vin側のコンデンサ廻りの配線をまだ頭に入れて無いので・・(と言うか、入れなくても、このUSBコネクタから、UVCCを接続しなけりゃ、元の配線のまま組めばOKですが)


一個大変に長いなあと思ってるのが、X3端子に出てる、LEDとかへのVCCの配線がかなり遠いです。
ドリルで穴を空けてそこで、一回配線を固定したくなる位遠いのでそうするかも知れません。どっちみち、USBコネクタで穴開けは必要なので、ドリルは必要と言う事にします。
miniBを付けるなら、ドリル不要ですけどね。

これ、今日中に出来ちゃうな・・

0 件のコメント:

コメントを投稿