2011年1月9日日曜日

USBtinyMKIIのatmega32u2でのコンパイル結果抜粋

Creating load file for Flash: AVRISP-MKII.hex
avr-objcopy -O ihex -R .eeprom -R .fuse -R .lock AVRISP-MKII.elf AVRISP-MKII.hex

Creating load file for EEPROM: AVRISP-MKII.eep
avr-objcopy -j .eeprom --set-section-flags=.eeprom="alloc,load" \
--change-section-lma .eeprom=0 --no-change-warnings -O ihex AVRISP-MKII.elf AVRISP-MKII.eep || exit 0

Creating Extended Listing: AVRISP-MKII.lss
avr-objdump -h -S -z AVRISP-MKII.elf > AVRISP-MKII.lss

Creating Symbol Table: AVRISP-MKII.sym
avr-nm -n AVRISP-MKII.elf > AVRISP-MKII.sym

Size after:
AVR Memory Usage
----------------
Device: atmega32u2

Program:    9936 bytes (30.3% Full)
(.text + .data + .bootloader)

Data:         85 bytes (8.3% Full)
(.data + .bss + .noinit)

EEPROM:        1 bytes (0.1% Full)
(.eeprom)

こんな感じ!容量を見れば解るが、mega8u2だとはみ出した・・
USBtiny MK2はこれです。
AVRisp Mk2をほぼワンチップで実行出来ます。MAX3002と言うICが必要らしいが、どうやら、ターゲットの電圧を隔離するための保護ICっっぽいので、無くても動くんじゃないかと思ってます。

at90usb168用のファームだが、USB系のATMEGAは、基本的にシリーズ単位で動く。末番が2になってる物ならOK全く同じコードで動くはずなのに、コンパイル出来て無かったんです。実際、UNOのシリアルも再コンパイル出来て無かった。

コンパイル出来るようになりました。

それと、これやらないと、ATmega8u2も、互換の、AT90usb82でコンパイルするしか手が無く、気持ち悪いのも回避出来るようになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿