2011年1月22日土曜日

MikroBasic for AVRが面白くなってた。

Mikro Basic Pro for AVR 4.60 が出てた。MikroBootloader for All AVR MCUs となってる。
ほーー Allねえ。インストールしてみたら、立派なGUI付きbootloaderだった。
Arduinoの存在を完全に無視してるとも思えないから、ちょっと今Bootloaderは何処?って探してる。
- Libraries
  - New: TFT display library
  - New: Touch Panel TFT Library
  - New: Epson S1D13700 Graphic Lcd Library
  - Improved: Flash library, supported writing to flash
こんな感じの追加が有って、小型フルカラーLCDへのライブラリも有るし、結構いいかんじ。
 実は新型PIC見てて、アップデートされたかなーーMikrobasic Pro For PICを見に行って(ユーザーです)・・こっちに派手に、Bootloaderと有ったから、気になって、AVRの方に見に行った。PICも同じで、秋月最新の、PIC16F1XXX番台は当然増えてた。

 AVRに関しては・・そもそも、昔から、手に入りそうも無い、チップまでサポートしてるから、サポートチップが増えました・・と言われても
 - Additional chips supported:
      ATmega165A
      ATmega169A
      ATmega325A
      ATmega329A
      ATmega645A
      ATmega6450A
      ATmega6490A
      ATmega649A
      ATmega649P
なんだろうこれ・・と言う状態に入るが・・

で気になるBootloaderを探すが・・mikroelectronikaのサイトに有ると書いて有るが・・
Xmega系のは有ったが・・

ここのコンパイラはDEMOでも2Kワードまでは書ける。(つまり4KB) mega8u2なんか書けちゃうって事だよね。この言語もライブラリーを足すと、ガンガン消費するタイプだけど・・BASICが出来る人にはいいと思う。



 実はその昔、コンパイラ買う時、説明も読まず・・デスカウントの方を押した(私は英語読めませんモード)ら、買えた・・それ以来使ってるが・・買ってから、デスカウント条件を読んで・・ふーん・・でも買えたからいいや・・で、既に、6年以上たつと思うが、アップデート無料だから結構便利してます。

mikroBootloader application may only be used with the
appropriate device firmware, which is free of charge and can
be downloaded from mikroElektronika’s website.
ブートローダーのPDFにこう書いて有るのにブートローダーが見つからないなーー


ソースコードで、3種入ってるが、そこから直せって事かな・・だけど2KB有るけど・・ALLじゃ無いじゃんそれじゃあ。







0 件のコメント:

コメントを投稿