2011年1月13日木曜日

比較してみたら

変換基板の7-6の順番で、ISPの4-5に一致した、8=VCCを、PB5=Resetに交換出来れば、貼るだけだ。
VCCを移動可能か・・結構難しい。切断は可能 PB5をVCCへのスワップ・・実はホールのすぐ隣なので、半田ブリッジで可能 PB5も切断可能だから、チップ上をメッキ線かUEWで通過させれば、PB5とVCCはスワップ可能

ここまで、机上の計画で出来ちゃったわ・・

で形状は・・6ピンソケットを、フレームにして、後端をピンソケットで結合してたら、高さピッタリだった。

USBコネクタは付けない。

私が作るのは、ISPアダプタでは無く、USB-ISPケーブルなのだ。4x4穴基板が付くから無理に、ダイオードを乗せる必要は無い。

たぶん、最小なんじゃないか?

某赤い、ISPに恨み持ってるからなーーコイツ・・・

300円?・・・madoelec氏に、オークションで売ってもらうか・・コネクタとソケットが有るからそうはいかんか・・秋月の連結ソケットに2x3が無いなあ・・

なんでソケットにしたいか・・ケースに収めて、ソケットなら、通電したまんま放置してもショートする可能性が少ないから、私の考えでは電力が出てる方は、ソケットにしたいのだわ。昔、ピンセットが接触して、某PICライターのMCUを焼いた事が有るのね。だから理想は、Pickitなのだが・・

うーんcomopyx風、ライターのでっち上げ完了かも知れない。

本気だと製作に1時間だなこれ・・寝る前にやっちゃうか・・

0 件のコメント:

コメントを投稿