2011年1月5日水曜日

AVR Simulator IDE のお誘いが来てしまった。

毎年クリスマス頃にはこれが来る、オーストラリアの、オルソンソフトだ・・
AVR
PIC10
PIC16
PIC18
Z80?
8085?
がほとんど同形のBASICと、アセンブラで書けるIDE、グラフィカルシュミレーターが売りだ。
通年は、無料アップデートだけど、今年は、追加プラグイン出したらしく・・25ユーロだそうだ、私の実用として、4種のMCUに対応し、PIC18はUSBサポートまで一応有る。
ステッピングモーターやサーボ制御のライブラリまでは入ってる。
まともに買うと、99ユーロなので、12000円位か・・4種分だと思えば安いかも。

メールになんかリクエストは?って書いて有ったから、ツールに、Avrdude STK500のブートローダーに直接送れるようにしてくれ(Arduinoに対応してくれ)と書いて送り返した。
割と返事をくれる人なので気長に待とう。難しい話では無いのでやってくれるんじゃないかな。(PICK用には、ブートローダーが入ってる・・ただし、PICは16F8Xシリーズじゃないと、ブートローダーが動かないから、最小でもPIC16F88になってしまう。
私が、Arduino風に組んである、PIC16F886なんかは、結構近い感じで動いてる。mega8よりちょっとだけ安い。(シリアルもリセットも、Arduino互換にしてあるから、コンバーター共通で、リセットも自動だ・・ブートローダの大きさも、512Bのを改造して使ってる)

このAVR Simulator IDEが出す、HEXは、Arduinoでも普通に動くから、BASIC使いたい人にはいいし、さすがに、大きさも激減する。(AVR Simulator IDE 自体他よりも大きいのだが、Arduno比なら、半分以下になる)

Arduinoでもそうだが、一個言語が出来ると、割と他のも解る。私は、MSX-BASICから、Quick-Basicに行き、VBに行き、Realbasicと辿ってるから、AVR Simulator IDE は普通に使える。
目的が達成するなら、言語なんかどれでもいいと思ってるけどね。

悲しいのは、MAC用の、AVR/PICの言語が、gccか、arduinoかって言う選択しか無いとかで、まだWinが残ってる事か・arduino IDEをベースに、もう一枚噛ませる感じで、BASICとか出てくれないかなーーと、年寄りな私は思うのだが・誰か書いてよ!
年寄りが、自分の経験の手順を、プログラムとして残すって言うのが、色々な意味の理想なので、BASICを、スケッチに置き換えて、それをコンパイルするみたいなので、全然かまわんのだが・・

0 件のコメント:

コメントを投稿