2011年3月13日日曜日

PEKE PROVA-a0の修正箇所

この真ん中の短いの2本が、互い違いなのが問題。
まず切断して、長い方の面を削る。

表側はこの辺USBコネクタのD+D-だ。
D+側の小さいホールの面を削る
MCU側の同じくホール奥から3番目の面を削る。
なんとmadoelec産の0.2mmメッキ線はこの穴を通る
(ただし、半田で温めてグリグリすると貫通する)
片側を貫通させて、軽く半田付けして、ちょっと曲げて
所定の位置に合わせて半田付けする。
貫通してます。
こっち側のランドを削って半田付けしてしもいい。
これでD+終わり。

D-側はMCU側を貫通させ半田で固定。削ってあったラインに
半田盛っておいて、ちょっと押せばくっつきます。

配線で間違えちゃったのは、ここ(だけ)・・

PEKE PROVA-a0は、LUFAのライセンスの絡みが有るので、悔しいので、このD+ D-部を直したのは、作る計画だけど・・依頼があったら、作って供給する感じになると思う。
ほぼ同じ構造で、MCP2200を積んだ、もう少し簡易な物にする予定、V-USBの機能も省略するかも知れない。

0 件のコメント:

コメントを投稿